2012年10月

不動産投資の競争

ぽちっとな!



コミュ障がんばれと思ったら是非


今日は不動産会社でのちょっとした裏話です。


不動産投資は他の投資と比べてライバルが少ないといわれます。

これは本当か?

と思ったことのある方も意外といるんではないでしょうか。

私も欲しい物件に1番手で買付を入れたものの買えなかったこともあるので、

やっぱりライバルは多いんだなーとか思っていました。





では実際のアクセス数と反響、買い付け証明書の大体の数をこっそりと教えたいと思います。

※反響とはその物件に対してのメールや電話でのお問い合わせ


エリア:1都三県
利回り:12%弱
価格:2億円前後
駅から徒歩5分ほど
築年数:20年以内
積算>売価


この物件は最近流行りのRC一棟投資では抜群の条件を誇っています。

初日→アクセス80 反響6 買い付け2
2日目→アクセス60 反響4 買い付け1
3日目→アクセス50 反響4 買い付け1
          ・
          ・
          ・


収益不動産検索サイトに乗せて2週間での結果
アクセス600 反響16 買い付け5

こんな感じです。


いかがでしょう。




私の感じ方では

あ、こんなもんか。他の投資と比べるとライバルって本当に少ないんだな

という印象です。



ただ良い物件は足が速いといわれているように物件を掲載して2時間後には買い付けが二つ着ました。

不動産投資に興味を持つ人はやっぱり比較的少ない分、皆さん本当に勉強しています。

そして決断、行動が早いですね。

精鋭揃いのライバルがいると自覚し気を緩めないようにしなきゃ。

私も気を引き締めて次の物件を探していきます。








宅建試験

ぽちっとな!



コミュ障がんばれと思ったら是非



今日は宅建試験でしたね。

皆さんいかがでしたでしょうか。

私は







































来年頑張りますorz

大事にしたい営業マン

ぽちっとな!



コミュ障がんばれと思ったら是非


営業マン側から見たお客様に対する本音を書いてきましたが、逆にお客さんから見て付き合うべき営業マンも考えたいと思います。

答えは三秒で出ました。

実にシンプルです。
















良い(儲かる)物件を持ってきてくれるか













本当にただこれだけじゃないでしょうか。

たとえ趣味が合ってどんなに仲良くても、儲かる話を持ってこない営業はいらないです。

逆にどんなに対応の悪いところでも良い物権情報を握っていれば付き合います。

安くても数百万するようなものを扱うわけですから必死です。
一歩間違えれば破産の可能性だってありますからね。



どこの営業マンが良い物件を持ってくるかわからないので色んな会社を訪問してました。

その際には必ず自分の属性(年収、勤務先、自己資金等)はあまさず公開してます。
少しでも本気度がわかるように、買える範囲での物件を紹介してもらえるように心がけてました。

不動産投資家としての私は良い物件を紹介してくれる営業には接待してでもつながる様にしています。



皆さんはどう付き合ってますか?

不動産営業の本音2   

ぽちっとな!



コミュ障がんばれと思ったら是非


相変わらず本音を垂れ流しています。


良い情報はあっという間になくなるので、いかにして営業マンから情報を引き出すかが不動産投資のキーポイントになります。

営業マンとしての私が是非非公開情報を流してもいいなと思うお客さんは優先順位が上から
・約束を守る
・決断、行動が早い
・実際に会った事がある
・謝礼(現金、リベート)をくれる
・属性(年収や自己資金)が高い
・当社で既に購入したことがある(既に不動産投資を始めている)

になります。


当たり前のことなんですが信頼関係が一番大事になるんですね。
誰にも紹介していないような非公開の案件なので信用できる人にしか情報を出せません。
約束を守る人であることは大前提になります。

次に決断、行動が早い人
良い情報は売主が売り急いでいるなどの場合があります。
いつまでも迷っている人を相手にしているほど営業マンも暇ではないです。

会った事がある人は電話やメールだけの人に比べて本気度があるように見えますし、
親しみも持てるので思わず情報を漏らしてしまいます。

謝礼について営業から要求することはないですが、貰えるものは貰いたいというのが本音。
営業も人間ですから自分に得するように条件を出してくれる人を優先してしまうのはしょうがないです。

属性高い人についてですが、物件が欲しいと物件が買えるは別のものになります。
実際に購入できそうな人にしか紹介したくありません。

既に不動産投資をしている人は大体の相場や話をわかるので判断が早いのです。
特に既に自社で購入しているとお客さんの情報がこっちもわかっているので、提案がしやすく動きやすいのです。決断・行動が早いと通じる部分があります。




投資家の皆さんも営業マンの気持ちになってみればわかると思います。
livedoor プロフィール
プロフィール詳細
20代のぼっち系コミュ障が大家になりました。
現在サラリーマンをやっています。
コミュ障で職場でも浮き、ぼっちです。そんな人が楽に暮らしていくにはどうすればいいか考えた結果が不動産で大家になることでした。

20代で不動産投資を始め、29歳までに年間CF200万を目指してます。




主な経歴 2010年新卒で金融機関に就職。2011年1年目の給料を大学時代のバイト代と合わせて23歳で初めてのワンルームマンションを購入。
2012年24歳で二つ目の物件ワンルームでありながらテナントの物件を購入。2012年6月に融資を利用して軽量鉄骨のアパートを購入。

現在区分所有2室アパート1棟。
Amazonライブリンク
コミュ障支援お願いします!
タグクラウド
  • ライブドアブログ